ヤンキーだからと言って諦めるな!とび職で成功する秘訣とは?

日本の社会には、職業によって求められるスキルや能力が異なります。しかし、中には学歴や経歴を問わず、誰でも挑戦できるとび職という職業があります。とび職とは、屋根や足場などの高所作業を行う職人のことで、建設業界で不可欠な存在です。しかし、とび職はハードワークであり、初めての方には敬遠されることも多い職種です。特に、ヤンキーと呼ばれる不良少年出身の方は、就職の際に苦労することが多いかもしれません。しかし、ヤンキーだからと言って諦める必要はありません。本記事では、ヤンキー出身の方でもとび職で成功するための秘訣をご紹介します。


1. モチベーションを高く持つ

ヤンキー出身の方は、学校生活で反社会的な行動をとってしまったり、就職活動で落ち続けた経験があるかもしれません。しかし、とび職で成功するためには、自分自身を変える必要があります。まずは、モチベーションを高く持つことが大切です。目標を持ち、自分自身にチャレンジし続けることで、成果を出すことができます。


2. 努力を怠らない

とび職はハードワークであり、体力・精神力ともに要求されます。特に初めての方は、作業中に疲れやストレスを感じることが多いかもしれません。しかし、努力を怠らずに自己管理を徹底することで、仕事を続けていくことができます。また、ヤンキー出身の方は、運動不足になっている場合が多いので、仕事と並行して、健康的な生活習慣を取り入れることが大切です。


3. 資格を取得する

とび職には、資格が必要となる場合があります。例えば、高所作業車運転士や足場設置作業主任者など、安全管理に関する資格が必要な場合があります。資格を取得することで、自分自身のスキルアップにも繋がり、就職の際にも有利になります。また、資格を取得することで、自分自身の自信にも繋がります。


4. コミュニケーション能力を身につける

とび職は、チームで作業を行うことが多い職種です。そのため、コミュニケーション能力が高い方が求められます。特に、ヤンキー出身の方は、社会人経験が少ない場合が多いので、コミュニケーション能力を身につけることが大切です。仕事中だけでなく、休憩時間や飲み会などでも、コミュニケーションを取ることで、職場での人間関係を築くことができます。


5. 職人としてのプライドを持つ

とび職は、高い技術力が求められる職種の一つです。職人としてのプライドを持ち、自分自身が一生懸命取り組んでいることを自信に変えることが大切です。また、とび職は建設業界において不可欠な存在であるため、自分自身が仕事を通じて社会貢献していることを自覚することが重要です。

以上の秘訣を実践することで、ヤンキー出身の方でもとび職で成功することができます。自分自身を変えることにチャレンジし、ハードワークを続けていくことが大切です。


5つのよくある質問


Q1. ヤンキー出身でも、とび職に就職することができますか?

はい、とび職は学歴や経歴を問わずに挑戦できる職業です。自分自身を変え、秘訣を実践することで、成功することができます。


Q2. とび職はハードワークですが、体力的に厳しい場合はどうすればいいですか?

仕事と並行して、健康的な生活習慣を取り入れることが大切です。また、体力をつけるための運動やストレッチなどを取り入れることもおすすめです。


Q3. とび職にはどのような資格が必要ですか?

とび職には、高所作業車運転士や足場設置作業主任者など、安全管理に関する資格が必要な場合があります。各種資格取得のためには、専門の教育機関などに通うこともできます。


Q4. 職人としてのプライドを持つためには、どのようなことが必要ですか?

自分自身が一生懸命取り組んでいることを自信に変えることが大切です。また、仕事を通じて社会貢献していることを自覚し、自分自身の存在価値を再確認することも重要です。


Q5. とび職で成功するためには、どのような心構えが必要ですか?

自分自身を変えることにチャレンジし、モチベーションを高く持ち、努力を怠らないことが大切です。また、職人としてのプライドを持ち、コミュニケーション能力を身につけることも重要です。