ヤンキーからとび職への転身が増加中!建設現場に流れる新風とは?

最近、若者たちの間で「とび職」という言葉が浸透してきました。その背景には、建設現場などで働く「ヤンキー」たちが転身する姿が増えていることが挙げられます。では、その理由や、実際にとび職で働くために必要なスキルや注意点などについて詳しく見ていきましょう。


とび職の定義とは

「とび職」とは、建設現場などで、一定期間のみ働くことができる職業のことを指します。具体的には、足場を組む仕事や、解体工事、土木工事、電気工事、クレーン運転手などが該当します。多くの場合、短期間で高収入を得ることができ、労働者不足に悩む現場でも重宝される存在となっています。


ヤンキーたちがとび職に転身する理由

近年、建設現場などのとび職に転身する若者たちが増えています。その理由としては、以下のようなものが挙げられます。


1. 短期間で高収入が得られる

とび職は、一定期間のみ働くことができるため、その分、高い単価で働くことができます。また、現場によっては、早朝・夜間割増や深夜手当なども支払われるため、より高額な収入を得ることができます。


2. 体力を使った仕事に興味がある

とび職は、多くが体力を使った仕事です。ハードな仕事に興味がある若者たちにとっては、魅力的な職業となっています。


3. 社会人としてのスタートを切りたい

中には、学校や家庭などでトラブルを抱えてしまったため、普通の就職活動がうまくいかなかった若者たちが、とび職を通じて社会人としてのスタートを切るケースもあります。


とび職で働くために必要なスキルや注意点

とび職に転身する際には、以下のようなスキルや注意点が必要です。


1. 資格や免許を取得する

とび職には、それぞれの職種に合わせた資格や免許が必要です。例えば、足場工事には足場組立作業技能士の資格が必要です。必要な資格や免許を取得することが、とび職で働くための第一歩となります。


2. ハードな仕事に耐える体力が必要

とび職は、多くがハードな仕事です。体力がなければ、長期間働くことができません。入念な準備とトレーニングを行い、ハードな仕事に耐える体力をつけることが必要です。


3. 安全管理に気を配る

建設現場は、事故が起こりやすい危険な場所です。安全管理に気を配り、正しく作業を行うことが求められます。また、万が一の際には、救急処置や避難のための知識を持っておくことも大切です。


まとめ

近年、とび職に転身する若者たちが増えています。その理由として、高収入や体力を使った仕事に興味がある、社会人としてのスタートを切りたいというケースが挙げられます。とび職に転身するためには、必要なスキルや注意点を把握し、入念な準備を行うことが大切です。


よくある質問


Q1. とび職での収入はどのくらいですか?

とび職での収入は、職種によって異なりますが、一般的には時給2,000円以上が相場となっています。また、早朝・夜間割増や深夜手当なども支払われるため、より高額な収入を得ることができます。


Q2. とび職は女性でもできますか?

女性でも、とび職で働くことはできます。ただし、ハードな仕事が多いため、体力が必要です。また、男性が多い業界であることが多いため、精神的にもタフであることが求められます。


Q3. とび職は危険ではありませんか?

とび職は、建設現場などで働くため、事故が起こりやすい危険な場所です。しかし、適切な安全管理が行われている場所であれば、事故を防ぐことができます。また、万が一の際には、救急処置や避難のための知識を持っておくことが大切です。


Q4. とび職は、長期間働くことができますか?

とび職は、一定期間のみ働くことができるため、長期間働くことはできません。しかし、その分、高収入を得ることができるため、数か月間、短期間で稼ぐことができます。


Q5. とび職に必要なスキルは何ですか?

とび職に必要なスキルは、職種によって異なりますが、一般的には、資格や免許を取得すること、ハードな仕事に耐える体力をつけること、安全管理に気を配ることなどが挙げられます。